スポンサードリンク

飛蚊症(ひぶんしょう) サプリメント

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、中高年の方に多い、目の前に虫や糸くずのような黒い影がちらつく目の障害です。

飛蚊症には、目の機能を向上させたり、目の老化防止に効果のあるルテイン・アントシアニンなどの成分が有効と考えられています。

しかし、ルテイン・アントシアニンなどの成分が含まれた食品やサプリメントは、あくまで目の負担をやわらげるための予防として、適量をとり入れるのが望ましいでしょう。

食品やサプリメントだけでは、飛蚊症の根本的な治療にはなりませんので、ご注意ください。眼科を受診することをおすすめします。


疲れやすい

疲れやすさを解消するには、休養が一番です。

休養することによって、体内の疲労物質が排出されます。

しかし、この現代社会には、なかなかじっくり休養が出来ないのが現実なのではないでしょか。

休養をとらない状態では、疲労物質がどんどん体内に生成されてしまうので、疲労物質を排出しなければなりません。

それと同時にエネルギーの算出速度をアップされなければなりません。

疲労物質を排出するためには、疲労物質である乳酸を排出を促進するクエン酸を含む梅や酢などを摂取することです。

血行をよくすることも、疲労物質を排出には、効果があるので、
血行を促進する、ビタミンE、ニンニク、タマネギ、梅などを摂るのもいいです。

エネルギーの算出速度をアップさせるには、糖質や脂肪の燃焼に関係するのが、ビタミンB群なので、サプリメントなどで十分に補給する必要があります。

中でも、豚肉や牛・豚のレバー・酵母などに多く含まれているビタミンB1、ビタミンB12が有効です。マグネシウムは糖質をエネルギーに変換させ、同時に睡眠を深くするので、

疲労回復には効果的です。



ストレス解消

人間は、ストレスを感じるとそれを解消するために、腎臓の上部にある副腎からホルモンがたくさん分泌されます。

この副腎皮質ホルモンは、ストレスに対抗する働きがあります。

この副腎皮質ホルモンを生成するには、ビタミンCとパントセン酸(ビンミンB群)などのサプリメントが不可欠です。

ハーブ系のサプリメントとしては、抗うつ剤であるセントジョーンズワートなどが有効です。

ダイエット サプリメント

ダイエットというのは、女性にとって永遠のテーマです。

女性は、ダイエットという言葉には弱いようで、テレビ番組でダイエット特集などが放送されると、

その翌日には、ダイエットにいいとされた食材がスーパーからなくなったりすることもしばしばあります。

美を追求するにはダイエットは、やはり欠かせません。
しかし、不健康なダイエットは、おすすめしません。どうせダイエットをするなら健康的なダイエットを目指しましょう。

ダイエットを行うときには、まず現状を把握することからはじめましょう。そこで登場するのが、BMI値です。

BMI値とは、肥満の程度をはかる指数として有名です。

BMI値は、体重を身長の二乗で割った値です。厚生省が発表する健康的なBMI値を女性で21、男性で22としています。

ダイエットをする時には、摂取するエネルギーを減らし、ビタミン、食物繊維、ミネラルは通常通りに摂取することが重要です。

ダイエットの時に控えたいのが、油脂類、米、バン、砂糖などの糖質類です。

ダイエットを健康的に実行するには、適度な運動をしつつ以下のサプリメントを試してみてはどうですか。

ダイエットには重要な体脂肪の燃焼効果があるのは、CLA(異性化リノーリ酸)、L-カルニチン、カプサイシン、ガルシニアなどのサプリメントが効果的です。

インスリンの働きを助ける効果があるのは、クロム、ヤーコン、カイアポイモなどのサプリメントが効果的です。

ダイエットのために脂肪の吸収を抑制する効果があるのは、米胚芽抽出物、キチン・キトサン、サポニンなどのサプリメントが効果的です。

糖質を吸収の抑制効果があるのは、サラシア、ギムネマ・シルベスタ、小麦アルブミンなどのサプリメントが効果的です。

食欲の抑制効果があるのは、テアニン、セントジョーンズワート、ヒスチジンなどのサプリメントが効果的です。

海藻類やキノコ類は、ノンカロリーの上、食物繊維が豊富で、満腹感も得られれるので、

ダイエットにはいい食材です。




便秘がち

便秘を防ぐためには、規則正しい生活をし、排便を習慣づけることが重要です。

朝起きたら、コップ一杯の水を飲むと、胃結腸反射を起こして朝の排便を促進してくれます。

適度な運動などを行うことも大切です。


食事面での、便秘解消には、食物繊維を多く摂ることが重要です。

食物繊維には、水溶性のものと不溶性のものがあります。

水溶性の食物繊維は、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病などに対して予防効果があります。水溶性の食物繊維には、ペクチン、アルギン酸、コンニャク、マンナンなどがあります。

不溶性の食物繊維は、整腸作用があります。不溶性の食物繊維には、セルロース、リグニンなどがあります。

これらの水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維の両方をサプリメントなどで摂ると効果的です。

おなかの調子を整える食品として、オリゴ糖や乳酸菌を摂取して善玉の腸内細菌を増やして腸の健康を保つことも大切です。

それにビタミンCなどのサプリメントも便秘解消には効果的です。ビタミンCには、腸内細菌を増殖させる作用があり、便秘に有効な乳酸菌はビタミンCを栄養に増殖します。


タバコを吸う

タバコを吸う喫煙者には、喫煙によって体内のビタミンCの消耗が激しくなります。

タバコを一本吸うとビタミンCを約25rも消耗してしまいます。
一日20本吸うと、約500rもビタミンCを消耗します。

これは、一日のビタミンの栄養所要量の約10倍も喫煙で失われてしまいます。

ビタミンの慢性的な欠乏は、皮膚病や血行障害を招いたり、免疫の低下にも結びついたりします。

タバコをよく吸う人はサプリメントなどで十分にビタミンCなどの栄養を補給してください。

タバコの有害物質を体外に排出するには、ウコン、松葉エキス(クロロフィル)など抗ガン作用のあるサプリメントを試してみてはどうですか。

女性にとっては、肌というのは、たいへん大事ですが、
タバコは、美肌にとっては大敵です。

タバコは、細胞の老化を促す酸化作用があるためで、それを防ぐためには、

抗酸化作用があり、老化防止の効果もあるビタミンEを積極的に摂った方がいいでしょう。

このビタミンEは、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類に多く含まれています。

足りない分は、サプリメントなどでビタミンEを補給しましょう。



風邪をひきやすい

風邪の主な原因は、ウイルス感染であるといわれています。

体がウイルス感染してしまうのは、過労などで抵抗力が弱っている時に多いです。

この風邪をあまく見ないでほしい。それが原因で肺炎、中耳炎などの病気になってしまうこともあります。

風邪の予防には、ビタミンCが有効です。ビタミンCは、風邪の主原因であるウイルスに立ち向かい体内でその働きを弱め、増殖を防ぐ免疫細胞を増やす働きがあります。

ビタミンAも風邪の予防には、有効です。ビタミンAは、皮膚や粘膜などの上皮組織を正常に保つ作用があります。ビタミンAを多く含む食品としては、ウナギ、ニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜です。

他には、亜鉛、乳酸菌などのサプリメントが有効です。

風邪をひいてしまったら、抗菌、抗ウイルスに効くとされるウコン、カテキンなどのサプリメントを体調にあわせて、加えるといいでしょう。

頭痛がする

頭痛には、他の疾患と関係ない片頭痛や脳梗塞・脳卒中などの病気の予兆としての痛みなど、急性・慢性、痛みの場所などによって様々存在します。

気になる人は、医師の診断を仰いでください。

他の疾患と関係ない片頭痛などの場合には、ビタミンが効果的です。

ビタミンB1は、神経機能を正常にする作用があるます。高麗ニンジンも同じような効果があります。

ビタミンB群であるナイアシン(ニコチン酸)は、脳の血行を促します。

血行をよくするサプリメントとしてニンニクエキスなどもあります。

頭痛の痛みには、γ-リノレン酸、コンドロイチンなどのサプリメントが有効です。

冷え性

冷え性は、女性に多く、更年期とともに冷え性がひどくなるケースもあります。

冷え性は、膀胱炎、腎臓の病気、不妊症などの原因になることもあるので注意が必要です。

冷え性の原因は、血行が悪いのが原因といわれています。

血行をよくするには、ビタミンEなどのサプリメントが効果的です。ひびやあかぎれもこのビタミンEが足りないことで起こります。

冷え性に効果的な他のサプリメントとしては、EPA・DHAなどのN-3系脂肪酸、アルギニン、イチョウ葉エキスです。

肩こり

最近、大人だけでなく子供も肩こりに悩むケースもけっこうあります。

勉強、ゲーム、パソコンのやりすぎで、

肩の筋肉の収縮した状態が続き、血行が悪くなり、疲労物質が肩にたまってしまうのが原因とされています。

また、過度の運動によっても、肩こりが発生することがあります。

一時的な肩こりなら、それほど心配ないのですが、肩こりが慢性的に続いたり、体のだるさなど全身症状がある場合には、注意が必要です。一度、医師に相談してください。

一時的な肩こりの場合には、血行を促すビタミンE、神経機能を正常に働かせるビタミンB1が効果的です。

それらをサプリメントで摂ると効率がいいです。

血行をよくする他のサプリメントとしては、イチョウ葉エキスなどのサプリメントがあります。



骨を丈夫にしたい

骨は、年齢とともに、もろくなり骨折しやすくなります。

その代表的なものが骨粗鬆症です。最近は、若い女性にも骨粗鬆症が増えています。

女性が男性に比べて、骨粗鬆症になりやすいのは、出産などでカルシウムを失ったり、更年期に女性ホルモンが減少することが原因といわれています。

このような骨粗鬆症を防ぐためには、

日ごろから、牛乳と乳製品を毎日摂ってカルシウムをしっかり補給しましょう。

骨の再生にかかわっているビタミンDといっしょに摂るには小魚や魚の缶詰が効率的です。

カルシウムが足りない場合には、サプリメントを。

豆腐などの大豆製品に含まれているイソフラボンには、女性ホルモンに似た成分があるので、おすすめです。

骨のためには、コラーゲンなどもおすすめです。

また、適度な運動も重要なので、日ごろから習慣づけてください。

特定保健用食品のなかには、カルシウムを吸収利用されやすいように設計されたCCM(クエン酸リンゴ酸カルシウム)、CPP(カゼインホスホペプチド)入りの飲料も市販されています。


目が疲れる

パソコンが一般化しつつある現在、疲れ目をうったえる人が増えています。

医学的には、「眼精疲労」と呼ばれています。

その他には、糖尿病、低血圧、更年期障害、緑内障などで目に疲れをうったえることもありますので、心配な場合は医師に相談してください。

通常の疲れ目には、ビタミンAをサプリメントなどで摂ると有効です。ビタミンAは、「目のビタミン」の別名があるほどです。

疲れ目だけでなく、視力低下などに効果があるサプリメントとしては、ブルーベリーエキスが有名です。

ブルーベリーエキスに含まれているアントシアニンという成分が目の疲労感、目のかすみ、目のちらつき、目の視野が狭くなる症状を改善する効果が確認されています。

ビタミンB2、ビタミンB12も疲れ目には効果を発揮しますので、サプリメントなどで補給すると眼精疲労には効果的です。

短気な人のための

最近、すぐにキレる子供が増えていますが、一つの原因として、栄養面と関わりがあるといわれています。

つまり、短気で怒りっぽい大人や子供は、カルシウムが不足しているといわれています。

牛乳や乳製品あるいはサプリメントなどで摂取したカルシウムの99パーセントは骨にいきますが、

残りの1パーセントのカルシウムは、体液のバランスを保ち、神経を沈静化して精神を安定させる働きをします。

血液中にカルシウムが不足すると、脳や神経が円滑に働かなくなります。

ビタミンB1も脳の中枢神経の機能を正常に保ち、神経を沈静化して精神を安定させます。


物忘れがひどい

年齢とともに、物忘れがはげしくなるという経験をされる人も多いのではないでしょうか。

これは、年齢とともに、神経伝達機能が衰えてくることが原因です。

物忘れといっても、日常生活には支障のない「健忘」による物忘れと老人性痴呆(アルツハイマー)による物忘れでは、性質が異なります。老人性痴呆(アルツハイマー)の場合には、至急、医師に相談してください。

日常生活には支障のない「健忘」による物忘れの場合の改善として、ビタミンB1などのサプリメントが効果的です。

脳神経はブドウ糖がエネルギー源で、糖分代謝を促進して、エネルギーに変えるにはビタミンB1が必要なので、不足すると脳の働きが鈍化します。

脳を活性化してくれるDHA(ドコサヘキサエン酸)も物忘れには効果的です。

他に物忘れに効果があるサプリメントとして、

ビタミンB6、アセチルコリンを作る働きのあるホスファチジルセリン、DMAE(ディメチルアミノエタノール)、イチョウ葉エキスなども物忘れには効果的です。





海外旅行の時差ボケを何とかしたい

人間は、体内時計を持っており、それによって生活リズムを整えています。

それが、海外旅行などで体内時計が狂ってしまい、

体調がわるくなってしまうのが、時差ボケです。

この時差ボケには、ビタミンB12が効果的です。ビタミンB12は神経系に関係しており、体内時計の調子を整えてくれます。

他には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミン群もサプリメントなどで一緒に摂取すると時差ボケには効果的です。

甘いもの好き

女性のほとんどの方が、甘いものには目がないのではないのでしょうか。

毎食後ごとにデザートとして、甘いものを食べる女性も少なくありません。

しかし、ケーキなどの甘いものには、脂肪がたくさん含まれていますので、体内の脂肪が蓄えられてしまいます。その脂肪を燃焼させるためには、相当の運動をしなくてはなりません。

脂肪がたまらないようにするためのサプリメントとしてはビタミンB2が効果的です。ビタミンB2は、脂肪の代謝に作用して、脂肪をエネルギーに燃焼させます。

脂肪が体内にたまってしまうと、動脈硬化などの生活習慣病にかかりやすいので注意が必要です。

糖質代謝を促すサプリメントとしては、ビタミンB1などがあります。


中性脂肪が高い

中性脂肪は、トリグリセライドとも呼ばれ、体内に蓄積された脂肪のことです。

また、中性脂肪は、善玉コレステロール(HDL)を生成する働きもあり、一定量は必要ですが、その量が多すぎると、

悪玉コレステロール(LDL)が増えて、動脈硬化を促進させ、心臓病、脳卒中などの生活習慣病を引き起こしたりします。

中性脂肪を減らすためには、食物繊維、β-カロチン、ビタミンEなどのサプリメントなどが有効です。

外食が多い

仕事で忙しい場合には、どうしても偏食になりがちです。

外食では、スパゲティー、ラーメン、やきそば、うどん、そばなどの麺類やパン類が中心となってしまいます。

麺類やパン類などの炭水化物の吸収には、ビタミンB1が必要になってきます。

スパゲティー、ラーメン、やきそばなどだけでは、どうしてもビタミン、ミネラルが不足します。

外食の時は、ビタミンB1をはじめとするビタミンB群、ビタミンCをしっかりとりましょう。ミネラルや食物繊維忘れずに摂取しましょう。

外食では、ビタミンB1をはじめとするビタミンB群、ビタミンC、ミネラル、食物繊維をしっかり摂るのは、けっこう難しいので、サプリメントなどを利用すると効果的です。

サプリメントを持ち歩いて、食後にサプリメントを摂取する習慣をつければ、いくぶん栄養不足も防げるのではないでしょうか。

高血圧 サプリメント

高血圧に効果のあるサプリメントについて。

高血圧とは、収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上の血圧のことを一般的にいうといわれています。

高血圧は、生活習慣病の一つで、これを放置してると、

動脈硬化、脳卒中、心臓病などの病気を引き起こす確率も高くなるので高血圧には注意が必要です。

日常の食生活面での高血圧予防には、塩分、脂肪を控えることが大切です。適度な運動も高血圧には必要です。

血中のコレステロールや中性脂肪を下げて血流をよくするには、オメガ3系脂肪酸(亜麻仁油、EPA、DHA)などのサプリメントが高血圧には効果的です。

高血圧の原因のひとつとしては、塩分や脂肪を摂りすぎの肥満ですが、タバコを吸うと交感神経が刺激して血管を収縮させ血圧を上げるほか、アルコール類の飲みすぎも血圧が上がりやすい。

ミネラルのひとつであるカリウムに腎臓からナトリウムを取り出してくれる働きがあるので、野菜、きのこ類、果物、海藻などのカリウムを多く含む食品を食べると高血圧には効果的です。

また、食物繊維、カルシウムも高血圧の予防には期待できます。

他には、アミノ酸のタウリン、ミネラルのマグネシウム、ミルクカゼイン(牛乳のたんぱく質)由来のペプチド、杜仲葉配糖体などのサプリメントが高血圧には効果的です。




低血圧の人のために

低血圧とは、収縮期血圧が100mmHg以下の数値の人のことをいいます。

低血圧の人がよく朝に弱いといわれますが、

それは、寝ている間の血圧は低い状態にあり、起きる時には、血圧を上げなければならないが、自律神経がうまく働かないと血圧が上がらず、脳に十分な血液がいかなくなって、頭がボーッとした状態になるからである。

低血圧には、本態性低血圧と症候性低血圧とがあります。症候性低血圧は、他の病気に関わっている可能性もあるので、心配な方は医師に相談してください。

本態性低血圧は、原因がはっきりしませんが、

第一には、規則正しい生活を心がけ、しっかり栄養を摂り、足りない栄養はサプリメントなどで補給してください。

低血圧には、滋養強壮作用のある高麗ニンジン、ビタミンB群、鉄分などのサプリメントが効果的です。


癌(ガン)を予防したい

1981年以来、日本人の死亡原因のトップは癌(ガン)となっています。

最近では、CTスキャンや超音波などで癌(ガン)の早期発見が可能になってきているので、命をとりとめるケースも増えているのも事実です。

癌(ガン)には、バランスのとれた食生活が重要です。というのも、大腸ガンが増えている原因として、

日本人の食生活が欧米化して、肉食中心となり、食物繊維が不足しているからです。

細胞の癌(ガン)化を促すきっかけのひとつとして、活性酸素の酸化があります。この酸化を抑制したり、還元してやれば、癌(ガン)を抑えることができます。

癌(ガン)の予防には、抗酸化作用作用のあるビタミンE、β-カロチン(体内に入るとビタミンAに変わる)、ビタミンCなどのサプリメントが有効です。

癌(ガン)の発生を抑える効果のある他のサプリメントとして、キノコ類、ハトムギ、プロポリス、タンニン、高麗ニンジンなどがあります。

そして、癌(ガン)予防として、食物繊維などのサプリメントを忘れずに摂取してください。

生理前のイライラを解消したい

生理前になると、イライラしたり、眠れないなどの症状が出ます。これを生理前症候群(PMS)といいます。

この生理前症候群(PMS)の原因としては、血液中の女性ホルモンのエストロゲンが多くなり、プロゲステロンという別の女性ホルモンの分泌が低下して、女性ホルモンのバランスが崩れることによります。

ホルモンのバランスをよくするには、ビタミンB6などのサプリメントが有効です。

イライラを解消させるには、ビタミンEなどのサプリメントに効果があります。

ミネラルのマグネシウムをサプリメントなどで補給することにより、生理前の顔や足のむくみ、乳房の張り、体重の増加にいいとされています。

生理痛・生理不順を解消したい

生理痛は、血液を子宮が押し出そうと収縮するために発生する痛みです。

生理不順は、生理が不規則な周期で発生することをいいます。生理不順は女性ホルモン分泌の乱れで起こります。環境の変化、急激なダイエットなどに影響を受ける敏感な女性ホルモンは、生理の周期を乱します。

生理痛や生理不順を改善するには、血液の循環をよくし、ホルモンバランスを整えてやることです。

血液の循環をよくするには、鉄、胴、亜鉛、ビタミンEなどを多く含むゴマやナッツ類などのサプリメントを摂取すると効果的です。

ホルモンバランスを整えるには、大豆イソフラボン、ビタミンB6、カルシウム、朝鮮ニンジンなどのサプリメントが有効です。

貧血ぎみ

貧血ぎみに、女性の10人に2人がなっているといわれています。

貧血の原因として、血液1ml中には約500万個の赤血球がありますが、この赤血球が不足した状態の時に発生します。

この赤血球は、酸素を運ぶ働きを担っていますが、血液中に赤血球が不足すると、各臓器に行き渡る酸素の量が不足し、余分に心臓や肺が働かなくなり、心拍数が増え、呼吸が増え、顔色が悪くなり、動悸、息切れ、立ちくらみなどの症状があらわれます。

赤血球が不足する原因として一番多いのは、ミネラルの鉄分不足によります。鉄分は赤血球を作る血色素の主成分であるためです。

この鉄欠乏性貧血を改善するには、鉄分、ビタミンB12、葉酸などをサプリメントなどでしっかり摂取する必要があります。ビタミンCやタンパク質を同時にサプリメントなどで摂取することにより、鉄分の吸収を助けてくれます。

また、緑茶、紅茶、コーヒーなどに含まれるタンニンは、鉄分の吸収を妨げますので、注意してください。



肌荒れぎみ

冬場は外の空気が乾燥し、室内の空気も暖房などの影響で乾燥して、肌がカサカサになったり、肌が荒れてしまうという経験はよくあります。

そういう肌のカサツキや肌荒れには、ビタミンA、ビタミンEなどのサプリメントが効果的です。

ビタミンAは、肌に潤いをもたらし、保湿成分の生成を助け皮膚を守ってくれます。ビタミンEは、皮膚の酸化を防止し肌荒れに防止には不可欠なサプリメントです。

また、ニキビ、吹き出ものには、ビタミンB2、ビタミンB6などのサプリメントが効果を発揮してくれます。

ビタミンB2は、脂肪の代謝を促すサプリメントです。ビタミンB6は、皮膚の新陳代謝を促進するサプリメントです。

肌を美しくしたい

美しい肌のバロメーターとなるのが、コラーゲンとエラスチンの状態です。

このコラーゲンとエラスチンがヒアルロン酸やコンドロイチンなどの水分をためこむ成分を蓄えて、肌に潤いと弾力を保ってくれます。

肌の潤いを保つには、ビタミンC、ビタミンB2、アロエなどのサプリメントが有効です。ビタミンCは、コラーゲンの合成を促進する作用があるサプリメントです。ビタミンB2は、エラスチンを合成する作用があるサプリメントです。

肌の新陳代謝を促すサプリメントとしては、ビタミンE、イチョウ葉エキスなどが効果的です。

肌のシミ、ソバカスを予防したい

女性なら誰しも肌のシミやソバカスは気になるものです。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなります。紫外線を浴びすぎると、この表皮にあるメラノーゲンという物質がメラニン色素に変化して、茶色っぽいシミやソバカスとして残ってしまいます。

シミやソバカスの予防には、ビタミンCなどのサプリメントが効果的です。ビタミンCは、メラノーゲンがメラニン色素に変るのを防止してくれます。

だだし、ビタミンCは、シミやソバカスの予防効果はありますが、できてしまったシミやソバカスを薄くしたり、無くしてしまう効果はありません。

ビタミンEなどのサプリメントも肌のシミやソバカスに効果があります。

動脈硬化を予防したい

動脈は、本来弾力性がありますが、

動脈壁にコレステロールなどが付着したりすると、動脈壁が厚くなったり、硬くなったりすることが、動脈硬化が発生するしくみです。

動脈硬化は、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、心不全といった重大な病気を招くおそれがあるので注意が必要です。

コレステロールには、LDL(悪玉)とHDL(善玉)のコレステロールがあり、LDL(悪玉)のコレステロールが増えると、動脈硬化が進み、逆にHDL(善玉)のコレステロールが増えると、血管こびりついたコレステロールを肝臓に引き戻し、動脈硬化を防ぐ働きをします。

血中コレステロール値を下げ、広く保つことが動脈硬化を防ぐ方法です。そのためには、サバやイワシなどの青魚に多く含まれているEPAやDHAなどのサプリメントなどが効果的です。EPAやDHAなどのサプリメントは、血液が固まるのを抑えてくれる効果があります。

他には、キトサン、大豆タンパク質、アルギン酸ナトリウム、食物繊維などのサプリメントもコレステロール値を下げてくれる効果があります。

同時に、適度な運動も心がけてください。

肉を多く食べる

毎日、肉を食べるという人は多いのではないでしょうか。

しかし、肉類に含まれているたんぱく質を代謝するには、ビタミンB6などのサプリメントを一緒に摂取する必要があります。

ビタミンB6などのサプリメントは、たんぱく質に含まれるアミノ酸を分解して再合成する補酵素として使われます。

くれぐれも肉類の食べすぎは、血中にコレステロールが溜まり動脈硬化につながるので、注意してください。

血糖値が高い

血糖値が気になるという方は、けっこう多いのではないでしょうか。

高くても自覚症状がなく、

血糖値を高いまま放置していると、糖尿病に移行してしまいます。

血糖値が高い糖尿病予備軍の方の対策としては、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどをサプリメントなどでしっかり摂取してください。

野菜、海藻、きのこ類なども忘れずしっかり摂取してください。

糖尿病が気になる

ブドウ糖は、全身の細胞を活性化するので、欠かせない栄養素ですが、

すい臓から分泌されるインスリンの作用不足によって、このブドウ糖が代謝できなくなり、体内で血液中のブドウ糖濃度が高くなる病気のことを糖尿病といいます。

糖尿病には、遺伝、ウイルス感染、免疫低下などの外的要因でインスリン分泌の不足によって発症するインスリン依存型と肉食中心の食生活、運動不足などで発症するインスリン非依存型のものがあります。

糖尿病は、網膜症、神経障害、腎機能障害などの合併症などを引き起こすので、注意が必要です。

糖尿病の予防のポイントは、バランスのとれた食生活と規則正しい生活習慣が重要です。各種代謝を助けるビタミン、ミネラル、食物繊維などをサプリメントなどでしっかり摂取しましょう。

他には、高麗ニンジン、マイタケエキス、ギムネマ、カプサイシンなどのサプリメントなども効果的です。




虫歯や歯周病の予防のために

歯を失う主な原因としては、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)などです。

歯を外側で保護しているエナメル質は、カルシウムやリン酸などのミネラルでできています。このエナメル質が酸によって溶かされることで虫歯の発生原因となります。

甘味がパラチノースやマルチトールのものは、一般的に虫歯になりにくい食品です。

フィンランド生まれでおなじみのキシリトールも虫歯予防で有名です。キシリトールは、酸がエナメル質を溶かす脱灰を防ぎ、再石灰化を促進させます。

お茶に含まれているポリフェノールも虫歯予防に効果が認められています。

脱灰を予防する特定保健用食品として、パラチノース、マルチトール、エリスリトール、還元パラチノースなどを含むサプリメントが売られています。

歯の再石灰化を促進する特定保健用食品として、CPP−ACP(カゼインホスホペプチド-非結晶リン酸カルシウム複合体)、第二リン酸カルシウム、フクロノリ抽出物(フノラン)などを含むサプリメントも売られています。




口内炎ができやすい

口の中には、さまざまな細菌が存在します。

体が健康な時には、粘膜にも抵抗力があり、口内炎などになりませんが、風邪や疲労が蓄積することで栄養状態が悪くなると、口腔内にある細菌が粘膜を侵し始め、炎症などを引き起こします。これが口内炎です。

疲労がち、偏食がちな人が口内炎になりやすいようです。女性ホルモンのバランスが崩れることによっても口内炎になることがあるます。

口内炎、口角炎、口唇炎になりやすい人は、ビタミンB2の不足が考えられます。

ビタミンB2を多く含む食品としては、レバー、即席中華麺、ウナギ、納豆、鶏卵、牛乳、魚などです。

アレルギー体質の人はサプリメントなどでビタミンB2を補給するといいでしょう。

口内炎の予防には、口腔内を清潔に保つのは当然ですが、
粘膜を丈夫にする働きのあるビタミンA(β-カロチン)などのサプリメントが効果的です。

皮膚の健康や免疫機能を維持するミネラルの亜鉛などのサプリメントも口内炎が改善されます。


おなかの調子を整えるために

不規則な食生活になりがちな現代人の中には、食べすぎ、便秘などでおなかの調子が悪いという人も多いのではないでしょうか。

おなかの調子を整えるには、オリゴ糖類、乳酸菌類、食物繊維などのサプリメントが効果的です。


オリゴ糖類などのサプリメントは、腸内のビフィズス菌を活性化して増やしてくれます。


乳酸菌類などのサプリメントは、整腸作用があり、ビフィズス菌を増やして、おなかの調子を整えてくれます。


食物繊維などのサプリメントも不溶性のものが便秘に有効です。