スポンサードリンク

サプリメント 効果

サプリメントの効果については、様々な意見があります。否定的な声が多いのも事実です。

一般的には、サプリメントは不足しがちな栄養素の補給に効果的といわれています。ただ、一定の効果があるといっても、あまりサプリメントに頼りすぎるのはよくありません。効果だけではなく、サプリメントの副作用等も考える必要があります。

よく、サプリメントさえ摂取してさえいれば、栄養補給万全みたいな考えをお持ちの方もいるようですが、それは間違いです。食事から栄養は補給して、あくまでもサプリントは補助的な立場です。

しっかりとした睡眠・適度な運動・バランスのとれた食生活を前提に、補助的にサプリメントを摂取するというのが正しい考え方ではないでしょうか。

極端な話し、しっかりとした睡眠・適度な運動・バランスのとれた食生活があれば、サプリメントを摂取する必要はないと思います。それだけでも十分にお肌もキレイに健康になります。

サプリメント 選び方

サプリメントの選び方をご紹介します。

サプリメントには、天然由来の原料のものと合成の原料のものがあります。
合成の原料のサプリメントは、価格は安く、高濃縮ですが、添加物などが多く含まれている可能性がありますので、

やはり、選ぶなら、天然由来のサプリメントを選びたいものです。

サプリメントの加工方法についても、低温処理によって十分な時間をかけて製造された製法のものを選ぶことをおすすめします。

サプリメントの選び方として、栄養補給も大切ですが、それ以前に体に安全なサプリメントを選ぶことが何よりも重要なのです。

サプリメントを買う時には、しっかりと成分表示を確認してくださいね。

サプリメントとは

サプリメントとは、英語のSupplementのことで、補助食品という意味です。

サプリメントの形状には、錠剤、粉末、カプセル、ソフトジェル、液状などがあり、簡単に必要な栄養が補給できる点がサプリメントの特徴です。

アメリカでは、サプリメントを病気の予防や治療に医師も積極的に用いて効果を上げています。

医療品は病気治療に即効性がある反面、体の活力を低下させることもあり、それに対してサプリメントは医療品のような効果を望めませんが、自然治癒力や免疫力を高かめて、病気にかかりにくくするという予防効果はあります。

なぜ必要か?

サプリメントは、補助的なものですから、毎日の食事で必要な栄養が摂れていれば不要です。

しかし、現代の食生活を考えてみると、コンビニ弁当、ファーストフードといった偏った食生活をおくっている人が多くなっています。

こういった食生活をおくっていると、カロリーは摂れてもそのカロリーをエネルギーに変えるための栄養素であるビタミンやミネラルが不足してしまいます。

また、現代の社会では人間関係のストレスでビタミンも不足しがちになります。

このように、現代人にはビタミンやミネラルの需要が増えているにもかかわらず、現在の食生活では十分な栄養補給は望めません。

そこで、足りない栄養素をサプリメントで補うことが必要となってくるのです。

サプリメント 副作用

サプリメントの副作用についてです。
ビタミン・ミネラル類のサプリメントは、副作用というより過剰症があります。

特に脂溶性のビタミンとミネラルは、体内に蓄積されやすくなります。水溶性にビタミンでも、メガビタミンのように大量に摂る場合にはビタミンCの下痢など特徴的な副作用があります。

ハーブ類は、時と場合に関係なく摂っていると、人によっては副作用をひきおこす場合もあります。


薬との違い

サプリメントは、基本的には食べものから摂れる、人間の体に存在し使われる物質つまり栄養素です。

それに対して、薬は通常は人間の体に存在しない物質です。

つまり、サプリメントなどの栄養素は滞っていた体のシステムを円滑に動かすものです。例えば、サプリメントなどで摂るビタミンCは免疫力を上げることで、風邪の原因菌に対処します。原因療法ともいわれます。

薬はもともと存在している体のシステムに入り込んで、その邪魔をするなどして、熱を下げるなどの効果を発揮します。対症療法ともいわれます。

薬と併用しても大丈夫か?

サプリメントと薬とを併用する際には、十分に気をつける必要があります。
治療中の場合には、担当医に確認することが必要不可欠です。

風邪薬などは、ビタミンやミネラルを体外に排泄しやすくするので、むしろビタミンやミネラルの需要量は増えます。

このようなことに対処するためには、

風邪のときに、風邪薬とビタミンCなどのサプリメントを一緒に摂るのではなく、風邪の引き始めに、ビタミンCなどのサプリメントの摂取量を増やせばいいのです。

普段から、食事に気をつかい、ビタミンやミネラルの補給をこころがけ、足りない分はサプリメントなどをうまく利用して、

必要もないのに薬を飲まないのが賢明です。

水で飲むのが基本

よくサプリメントを緑茶なので飲む方がおられますが、栄養素などの吸収にどう影響を与えるのでしょうか?

緑茶、コーヒーなどに含まれているカフェインやアルコール類は、ビタミンC、B群などや亜鉛、カリウムなどのミネラルを体外に出してしまう作用があるので注意が必要です。

なので、サプリメントは水で飲むのが基本となってきます。

サプリメントを緑茶やコーヒーで飲むと消化・吸収に悪影響を及ぼすおそれがありますので、

サプリメントを水で飲むのがベストです。

サプリメントの種類

サプリメントには、ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸、食物繊維、乳酸、オリゴ糖、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪など様々あります。

これらは、日常に摂るべきサプリメントと状況に応じて摂るべきサプリメントとに分けることができます。

日常に摂るべきサプリメントとしては、

ビタミン、ミネラル、オリゴ糖などの糖類、脂肪、アミノ酸、食物繊維、乳酸などです。

ビタミンやミネラルなどのサプリメントは、直接にはエネルギーにはならず、主に体の中で行われる化学反応を仲介する酵素と一緒に働いて、化学反応を仲介する役割をします。

食物繊維は、善玉菌である乳酸菌の餌になったり、便秘を防いでくれます。

アミノ酸は、タンパク質を構成する単位で、タンパク質で摂るが主流です。

状況に応じて摂るべきサプリメントとしては、

ハーブなどがあります。

ハーブは、煎じたり、アルコールで抽出したりして病気の治療などに用いられる薬草などが中心です。

特定保健用食品(トクホ)とは

特定保健用食品、通称トクホとは、

その名の通り、特定の保健効果が期待できる食品のことです。

「特定の」というのは、体調を整えたり、病気の予防に適することなどを意味します。

1991年に栄養改善法を改正して、特定保健用食品制度がスタートしました。

この特定保健用食品制度は、食品そのものに対する許可ではなく、単に食品の表示に関する許可制度です。



サプリメントの成分表示欄

サプリメントの成分表示欄には、カロリー、タンパク質、脂質、糖質、ナトリウムなどの表示がなされています。

それらの項目の次には、ビタミンなどが含まれているmg数が表示されています。

これらの成分表示によって、

サプリメントに含まれている栄養素が把握できます。

ただし、それらの情報だけでは、

それらのサプリメント含まれている栄養素が合成で作られたものなのか、
天然のものかは、成分表示欄だけではわかりません。

サプリメントの原材料名欄

サプリメントの原材料名欄には、添加物や原材料が多い順に表示されています。

食品自体が使われれいる場合は、その食品名が記載されています。

食品から抽出したものに関しては、例えば、

ニンジンカロチンなどの表示がなされています。

添加物には、甘味料、着色料、香料、乳化剤、光沢剤などがありますが、

この表示だけでは、サプリメントに何が使われているのかはわかりません。
これは、一括名表示しているためにわかりにくくなっているのです。

ただし、メーカーによっては物質名で表示しているところもあります。

サプリメントに含まれる添加物

サプリメントには、何かしらの添加物は含まれています。

錠剤のサプリメントに含まれている添加物としては、

結合剤、滑剤、光沢剤などが錠剤にするための最低限必要な添加物です。

カプセルのサプリメントに含まれている添加物としては、滑剤などが使用されています。

粉末のサプリメントに含まれている添加物としては、カプセルのサプリメントと同じように滑剤などが使用されています。

ただし、粉末のサプリメントは錠剤のサプリメントに比べて空気に触れる面積が広いので、カビ繁殖の防止のために保存料などの添加物が使われています。

アメリカのサプリメント事情

アメリカでは、1994年に栄養補助食品・健康・教育法(DSHEA)が制定され、それによって、

医薬品と食品との間の自然成分を法的に位置づけ、栄養補助食品というものがみとめられました。

対象として、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分とハーブなどの植物成分が並列に挙げられているのが特徴です。

この法律によって、

今まであいまいだったサプリメントが定義され、消費者が利用するために必要な情報をラベルに表示できるようになりました。

サプリメントに対する誤解

サプリメントに対して、誤解されている方が以外と多いです。

サプリメントさえ摂っていれば栄養が十分だと考えてしまうのです。

サプリメントは、あくまでも、食事を補うものですから、

食事そのものにとって代ることはありません。毎日の適切な食事を摂った上、足りない栄養分をサプリメントで摂るというのが基本です。

普段の食事で炭水化物、脂肪、タンパク質などを十分摂り、

サプリメントは、これらの栄養分を効率よく使いこなすための微量栄養素を補うものにすぎません。