スポンサードリンク

薬との違い

サプリメントは、基本的には食べものから摂れる、人間の体に存在し使われる物質つまり栄養素です。

それに対して、薬は通常は人間の体に存在しない物質です。

つまり、サプリメントなどの栄養素は滞っていた体のシステムを円滑に動かすものです。例えば、サプリメントなどで摂るビタミンCは免疫力を上げることで、風邪の原因菌に対処します。原因療法ともいわれます。

薬はもともと存在している体のシステムに入り込んで、その邪魔をするなどして、熱を下げるなどの効果を発揮します。対症療法ともいわれます。