スポンサードリンク

サプリメント 選び方

サプリメントの選び方をご紹介します。

サプリメントには、天然由来の原料のものと合成の原料のものがあります。
合成の原料のサプリメントは、価格は安く、高濃縮ですが、添加物などが多く含まれている可能性がありますので、

やはり、選ぶなら、天然由来のサプリメントを選びたいものです。

サプリメントの加工方法についても、低温処理によって十分な時間をかけて製造された製法のものを選ぶことをおすすめします。

サプリメントの選び方として、栄養補給も大切ですが、それ以前に体に安全なサプリメントを選ぶことが何よりも重要なのです。

サプリメントを買う時には、しっかりと成分表示を確認してくださいね。

彦摩呂 3カ月で20キロダイエットに成功した方法

彦摩呂さんが3カ月で20キロ減量に成功したそうです。

彦摩呂さんが実践したダイエット法は、「低糖質ダイエット」というもの。

「低糖質ダイエット」というのは、
糖質の摂取量を半分に抑えつつ、繊維質の食物を倍摂取するダイエット法。

そんなに効果があるなら、実践する価値はありそうですね。

鈴木菜々 愛用中のダイエットサプリメント『なかったコトに!』

鈴木菜々さんがブログで体重を公開していたのですが、
それがなんと!43キロ!

もっとあるかと思っていました。

身長が154センチというから、かなりスリムですよね。

そんな、鈴木菜々さん愛用中のダイエットサプリメントが『なかったコトに!』です。

なかったコトに!

サプリメントとは

サプリメントとは、英語のSupplementのことで、補助食品という意味です。

サプリメントの形状には、錠剤、粉末、カプセル、ソフトジェル、液状などがあり、簡単に必要な栄養が補給できる点がサプリメントの特徴です。

アメリカでは、サプリメントを病気の予防や治療に医師も積極的に用いて効果を上げています。

医療品は病気治療に即効性がある反面、体の活力を低下させることもあり、それに対してサプリメントは医療品のような効果を望めませんが、自然治癒力や免疫力を高かめて、病気にかかりにくくするという予防効果はあります。

なぜ必要か?

サプリメントは、補助的なものですから、毎日の食事で必要な栄養が摂れていれば不要です。

しかし、現代の食生活を考えてみると、コンビニ弁当、ファーストフードといった偏った食生活をおくっている人が多くなっています。

こういった食生活をおくっていると、カロリーは摂れてもそのカロリーをエネルギーに変えるための栄養素であるビタミンやミネラルが不足してしまいます。

また、現代の社会では人間関係のストレスでビタミンも不足しがちになります。

このように、現代人にはビタミンやミネラルの需要が増えているにもかかわらず、現在の食生活では十分な栄養補給は望めません。

そこで、足りない栄養素をサプリメントで補うことが必要となってくるのです。

サプリメント 副作用

サプリメントの副作用についてです。
ビタミン・ミネラル類のサプリメントは、副作用というより過剰症があります。

特に脂溶性のビタミンとミネラルは、体内に蓄積されやすくなります。水溶性にビタミンでも、メガビタミンのように大量に摂る場合にはビタミンCの下痢など特徴的な副作用があります。

ハーブ類は、時と場合に関係なく摂っていると、人によっては副作用をひきおこす場合もあります。


薬との違い

サプリメントは、基本的には食べものから摂れる、人間の体に存在し使われる物質つまり栄養素です。

それに対して、薬は通常は人間の体に存在しない物質です。

つまり、サプリメントなどの栄養素は滞っていた体のシステムを円滑に動かすものです。例えば、サプリメントなどで摂るビタミンCは免疫力を上げることで、風邪の原因菌に対処します。原因療法ともいわれます。

薬はもともと存在している体のシステムに入り込んで、その邪魔をするなどして、熱を下げるなどの効果を発揮します。対症療法ともいわれます。

コラーゲン

コラーゲンといえば、美肌という印象を受ける方が多いのではないでしょうか。

コラーゲンは、我々の体の全タンパク質の3分の1を占めています。

骨の成分でもあるため、骨密度を上げる効果もあるとされています。

また、コラーゲンは美肌の効果の他に、軟骨の弾力性を維持する役割も担っています。

ただし、コラーゲンは動物の皮や骨を原料としてサプリメントが作られているので、豚や牛などのアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。
タグ:コラーゲン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。